【2018年】南アフリカの首都ブルームフォンテーンに観光に行ってきました

祝日を利用して、南アの首都の一つ、ブルームフォンテーンに観光に行ってきました。行って良かったスポットを紹介したいと思います。

(1)観光案内所

  

ブルームフォンテーンに到着して最初に訪れたのが観光案内所。中に入ってVisitorであることを伝えると、スタッフがブルームフォンテーンのパンフレット持ってきてくれ、さらにお勧めのスポットを丁寧に教えてくれました。

(2)Naval Hill

 

ブルームフォンテーンの街並を一望出来る丘です。歩いていくのは大変なので、観光案内所に止まっているタクシーを捕まえて、約20分で到着しました。記念撮影するにはもってこいのスポットです!

(3)President Brand St(プレジデント・ブランド・ストリート)

    

この通り沿いに最高裁判所、旧政府庁舎(国立アフリカーンス博物館)、第四議事堂など、ブルームフォンテーンを代表する建物が並んでおり、見応えがありました。並木道も見事なので、歩きながら観光されると良いと思います!

(4)National Museum(国立博物館)

とにかく広くて、全ての展示物をじっくり見ると3時間はかかるのではないかと思います。太古の動物の化石やアフリカ民族、またブルームフォンテーンの歴史の紹介など大満足でした!

★National Museum(国立博物館)

開館時間:月~金 08:00~17:00、土 10:00~17:00、日・祝 12:00~17:00

入場料:大人 R5、子供(7-18歳) R3、子供(0-6歳) R1

(5)National Afrikaans Literature Museum(国立アフリカーンス博物館)

オレンジ自由国時代に使用されていた政府省庁で、中に入ると当時にタイムスリップしたかのように、省庁で働いていた人々の様子を肌で感じる事が出来ました。ボーア人、ソト族、そしてブルームフォンテーンをよりよく知る為にも是非訪れたい場所です。ちなみに中に入ると受付の男性が館内を案内してくれたので、チップを20R渡しました。

(6)ボーア戦争博物館

 

イギリスとボーア人が2度にわたり南アフリカの領土を争ったボーア戦争。戦争勃発から和平合意までの詳細を知る事が出来る博物館です。この戦争が後に黒人差別、アパルトヘイトにつながっていく事もあり、南アフリカを勉強したい方にとっては絶対に外せない場所です。ブルームフォンテーンの中心からは離れているので、僕はタクシーを使って行きました。

(7)Loch Logan Waterfront(ショッピングモール)

 

ブルームフォンテーンで一番大きいモールで買い物には困りません。モールに面しているローガン湖を眺めながらの食事も良いと思います。宿泊先もこのモールの近くにした方が便利でしょう。

(8)最後に

如何でしたでしょうか。今回2日間の日程だったのですが、全ての観光スポットを回り切る事は出来ませんでした。初めてブルームフォンテーンを訪れる方は、観光に3日間は確保した方が良いと思います。

ブルームフォンテーンではUberが使えなかったので、ヨハネスやケープタウンと比べると移動に不便さを感じました。しかし見どころは比較的同じ場所に集中しています。

治安に関しては、17時前であれば町中を歩いていても危ない気配は感じませんでした。ただし駅周辺は歩かない方が良いです。

あとブルームフォンテーンから西に車で2時間走った所に北ケープ州の州都キンバリーがあったので行けば良かったと後悔しました。ブルームフォンテーンとキンバリーはセットで観光すると効率が良いと思います。

コメント