【南アフリカ】1年間の活動を整理してみました

こんにちは、南アフリカで活動しています、PCインストラクターの福井です。

今回は私の同期隊員が企画した「アドベントカレンダー」に乗っからせて頂きました。アドベントカレンダーとはブログリレーのようなもので、12/1から1日1人ずつ指定されたお題に沿ってブログ・SNSに投稿をし、クリスマスの25日まで計25人がつないでいくものです。

青年海外協力隊 Advent Calendar 2018 - Adventar
## はじめに **青年海外協力隊、、、** **それはブログを書いてる率、日本一の集団である。** あ、言い過ぎた。 でも実際に多くの人がブログやSNSで発信をしていると思います。 一方なかなか継続できないという人も。。。(←わたし) ということでこのアドベントカレンダーを作りました。 この...

今回のお題は「基本的になんでもOK」だったので、どうしようかと色々悩んだのですが、南アに来てから1年間の活動を整理しようと思います。

配属先

私の配属先は農村地域の女性の支援を目的としたNGO団体です。名前はThe WDB Trust(Womens Developmental Business)。設立は1990年代で、設立者の一人に元大統領の夫人がいらっしゃいます。

The WDB Trust 本部 (ヨハネスブルグ)

本部はヨハネスブルグに、また17の支店が4つの州(クワズールナタール・ムプマランガ・リンポポ・フリーステート)にあります。職員の数は100名程です。

赤の🏠がWDB本部・青の印が支店

The WDB Trustのスタッフの方々・9割が女性です

任地

私は当初バーグヴィルに配置されたのですが、その9か月後に配属先の都合でピーターマリッツバーグに任地変更になりました。

バーグヴィルではアフリカらしい広大な土地・山脈の景色を楽しんでいました。現在は都市ピーターマリッツバーグでシティライフを送っています。

【バーグヴィル】

メイン通り

バーグヴィル周辺・山の向こうはレソトです

【ピーターマリッツバーグ】

メイン通りのチーフアルバートストリートとシティホール

観光案内所のパブリシティ・ハウス

【アパート(ピーターマリッツバーグ)】

アパート外観

1ルーム+キッチン+バスルームがあります・家賃は3,500R

活動

一緒に働いているスタッフの業務支援をしています。具体的には次の通り。

  • ICTトレーニング用の教材作成
  • 技術アシスタントとしてスタッフ&クライアント向けのトレーニングに帯同(稀にファシリテーターになります)
  • 事務所内の機器トラブル対応(トラブルシューティング)
  • スタッフからのPC・スマホ・ソフトウェアに関する問合せ対応(ヘルプデスク)

勤務時間は平日8:00-16:30で、昼休憩が13:00-14:00です。毎日出勤簿も書くので、NGOというより普通の会社みたいな組織です。

新人スタッフ研修に帯同・JICAの概要を説明中(ピーターマリッツバーグ研修施設)

スタッフ向けICT研修・キーボードの打ち方を説明(ムフォロジ)

ユース向けICTトレーニング(ピーターマリッツバーグ)

1年目を終えて

何よりたくさんの異国の人々と交流出来たのが良かった。とても貴重な経験になりました。彼らの文化・価値観に触れる事で、日本にいた時には見えなかったものが見えてくるようになりました。南アに来て本当に良かったです。

新人スタッフ研修(ピーターマリッツバーグ)

同僚と食事会(バーグヴィル)

同僚の親戚と(バーグヴィル)

2年目の抱負

協力隊として最後の1年であり集大成の年になります。今何をすべきか、いかに貢献するか、どのような財産を残すか、徹底的に考えて活動したいと思います。人種も文化も言葉も異なる私を受け入れてくれた配属先のために。

ありがとうございました。

コメント